和歌山会計事務所・税理士「西岡会計事務所」
西岡会計事務所 >> 会社概要

西岡会計事務所、船井財産コンサルタンツ西岡 会社概要


公会計制度改革への取り組みについて

私たちは、地方自治体様の発生主義・複式簿記会計の導入を全力で支援いたします。

一連の構造改革の重要施策として位置づけられている地方分権改革を推進する上で、自治体は、住民に対する説明責任をより一層果たすことを求められています。そして、説明機能の強化を図るためには、現行の官庁会計に加えて複式簿記・発生主義会計の考え方を導入し、ストック情報や減価償却制度の採用が喫緊の課題とされています。 総務省は、地方自治体の財政改革を推進するための公会計の改革を目的とし、平成18年4月に新地方公会計制度研究会を設置し、公会計のモデルを公表しています。 この総務省の公会計モデルは、今後、実務的な検証作業を経て、更に取り組み易さの観点から整備され、各地方自治体の財務諸表作成の実務指針となることが予想されます。私共は、新公会計制度の本格実施に備える自治体様への発生主義会計の導入を支援いたします。


一般社団法人 地方公会計研究センター

公会計に係る全国組織に加入し、他との比較による相対的評価を可能にします。

当事務所は、自治体様の新公会計制度の導入をご支援するために、一般社団法人 地方公会計研究センター(以下「公会計センター」)に属しております。公会計センターは、全国から職業会計人(公認会計士、税理士)の有志が集まり、平成18年から活動しております。北海道から沖縄まで全国各地に活動の場を広げ、地方公共団体への支援は基準モデルを中心に多くのキャリアを積み、それらの経験を元に会員のうち数名が総務省ワーキンググループに委員他オブザーバーとして参加するに至っております。


公会計支援業務について

公会計制度の導入から決算分析までをトータルに支援いたします。

当事務所は、新公会計制度改革への自治体様の取り組みをより円滑なものにするために、様々なご支援をさせていただいております。

■モデル選定のご支援
基準モデルにしようか、総務省方式改定モデルにしようか、総務省方式改定モデルにしようか、と我が自治体の取り組むべき方向性にお悩みの自治体様はまだまだ多くいらっしゃるようです。当事務所では、総務省ワーキンググループの情報や全国の自治体の動きを参考に、各自治体様の動きを参考に、各自治体様に適したモデル選定をお手伝いをしております。  

■無料セミナー及び無料相談会の開催
この度の新公会計制度への取り組みは、財政課等の一担当課だけで成し遂げるのは非常に困難です。全庁的な取り組みが必要となるため新公会計制度についての知識や意識を高めるための勉強会を無料で開催しております。また、個別のご相談にも無料で応じております。 

■基準モデルまたは総務省方式改定モデル導入の支援
固定資産台帳の整備から複式簿記、発生主義会計の考え方による財務4表の作成までをトータルでサポートいたします。詳しくは、当事務所までお気軽にお問い合わせください。  

■決算書分析支援
作成した財務4表や関係資料を基に、自治体様の財務状況を分析いたします。公会計センターで携わっている全国の自治体データを参考に、算出した財務指標を、相対的評価を交えて分析いたします。  

■その他
現在は、基準モデルと総務省方式改訂モデルが主流モデルとなっておりますが、東京都や大阪府等の独自モデルも認められております。今後、国際会計基準に則って、新たな会計も出るが出現することも十分に考えられますが、公会計センターをはじめ、様々な関係団体との連携により、柔軟に対応できるよう体制を整えております。



Copyright 2005-2015 (C) 西岡会計事務所 All rights reserved.
当サイト内の写真や文章、すべての内容につきまして無断転載・転用は、これを固くお断りいたします。